自分でweb制作するメリット

自分だけのオリジナリティを反映させやすい

webサイトを自分で作るメリットとしてどういった点が挙げられるでしょうか。まず、一番のメリットはいろいろな面でオリジナリティを出せるというものです。レンタルブログの場合、デザインは既存のものから選ぶのが一般的ですし、ブログのURLもサービス固有のサブドメインが用いられることが多いです。しかし、webサイトを自分で作り、レンタルサーバーで運営するのであれば、オリジナルのロゴを表示させたりすることができますし、URLも独自ドメインにできます。
また、サイトのデザインがオリジナルというのは対外的に「ITに詳しそう」といった、いい印象を与えやすいでしょう。独自ドメインは詳細な個人情報を登録しないと取得できないので、その点で信用度が増すといえます。

自分の裁量で広告やプログラムを選び、ウェブサイトに組み込める

サイトの管理をしやすいというのもwebサイトを自作するメリットです。たとえば、レンタルブログだと広告の掲載に制限が設けられる可能性がありますが、自分で作ったサイトなら自由です。さらに、「パスワードを知っている人しかアクセスできない」とか、「一時的にサイトを閉鎖して、しかるべきときに閉鎖前と同じ状態で再開する」といったことも簡単に実現できます。
そのため、「まだ作りかけだから自分にしか見えないようにする」といったことが可能なので、時間をかけてコツコツと作成していき、完成したところで公開したいという人にとっては便利だといえるでしょう。
知識はある程度必要になりますが好きなプログラムを自由に組み込めるというのもメリットで、レンタルブログよりも多彩な表現をするサイトを持つことができます。

HTMLとCSSで一からwebサイト構築をすることもできますが、webサイトの部品があらかじめ用意されているフレームワークを利用すれば、効率的にwebサイトを作れます。